法人向けサービス一覧

株式譲渡・少数株主排除・事業承継

 企業が設立をした後、ずっと株主が同じままというケースは、実は非常に少ないです。

 株主はずっと社長のみという100%ワンマン企業や親族経営のみの同族会社であればともかく、多くの企業は、その成長過程に合わせ、株主構成も変動していきます。

  その代表的な例が、前述した「増資」ですが、それ以外にも株主構成を変動する方法があります。

 

 株主構成が変動するもう1つの代表例が「株式譲渡」です。

 

 例えば、社長が持っている株式の一部を役員や従業員に譲渡する場合などです。この場合には、会社に譲渡代金は入らず、株主と譲受人間で株式と対価となる金銭等のやり取りがなされます。
 ですが、会社法上は、単に契約を締結するだけでなく、譲渡承認手続など、株式の対象会社を絡めた手続を実施する必要があります。


 他方で、オーナー株主が、ある取締役と仲互いをしてしまい、取締役を解任するだけでなく、当該取締役が保有している株式も強制的に取得したい場合などに活用する少数株主排除の手法、事業承継にあたって種類株式などを活用し、経営権を後継者に単に譲渡するだけでなく段階的に譲渡することによりスムーズな事業承継を実施する手法、いずれも株式が絡む手続です。


 これらの手続は会社法上の細かい部分の知識が必須であり、多数の煩雑な手続を要します。スキームを計画する段階から、お気軽にご相談ください。

銀座 司法書士相談 行政書士相談