法人向けサービス一覧

会社設立等の各種商業登記

① 商業登記とは?

 既に会社を経営されている方ならばお分かりかと思いますが、会社の商号・ 事業目的等の所定事項法務局に登記という形で記録されています。
 登記事項に変更があった場合には、原則として2週間以内に変更登記申請をする必要があります。これが商業登記です。
 商業登記申請が必要なケースは、設立・役員変更・増資・合併等多岐にわたり、また必要な書類も様々です。


 会社の経営者様や、企業の法務担当者様が日常業務のかたわら、これらの手続をご自身で調べて行うのは非常に手間かと思いますので、登記の専門家である当方に是非ご相談ください

 既に会社を経営されている方ならばお分かりかと思いますが、会社の商号・ 事業目的等の所定事項法務局に登記という形で記録されています。
 登記事項に変更があった場合には、原則として2週間以内に変更登記申請をする必要があります。これが商業登記です。
 商業登記申請が必要なケースは、設立・役員変更・増資・合併等多岐にわたり、また必要な書類も様々です。


 会社の経営者様や、企業の法務担当者様が日常業務のかたわら、これらの手続をご自身で調べて行うのは非常に手間かと思いますので、登記の専門家である当方に是非ご相談ください。


②会社設立登記とは?

商業登記の中で、株式会社・合同会社を問わず、どの種類の会社であっても最初に行うのが設立登記です。
 会社は、設立登記をして初めて誕生します。人間で言えば出産にあたるのが設立登記です。
 そんな会社の誕生ですが、巷ではたくさんの設立関連の書籍が出ていたりしていますから、その気になればご自身で設立登記をされることも不可能ではないでしょう。
 しかし、会社の根本規則である定款を中心とし、出資者を複数にして後々トラブルは起きないのか? 役員の任期が10年というのは貴社にとって正しいのか? など設立時に注意すべき事項は多々あります。仮にご自身で設立登記をされるとしても一度は専門家である当方に相談されることをお勧めします。
 なお、当方は、収入印紙代4万円が不要となる電子定款認証に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

銀座 司法書士相談 行政書士相談