主な業務内容
 債権及び動産譲渡登記

 債権譲渡登記とは、企業(法人)が有する金銭債権の譲渡や金銭債権を目的とする質権の設定について、簡易に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。

 

 一方、動産譲渡登記とは、企業(法人)が行う動産(機械・商品など)の譲渡につき、公示性に優れた登記によって第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。

 

 近年、金融実務に置いて、企業の資金調達手段として、企業が保有する売掛債権や商品等の動産を担保として融資するABL(アセット・ベースト・レンディング)が着目されており、実施している金融機関も増加しています。

 

 その際には、債権譲渡登記・動産譲渡登記が必須ですので、これを実施したい金融機関様・企業様は、当方までお気軽にご相談ください。

 

 また、事業会社同士の売掛債権が未回収となった場合に、当該債務者である企業が取引先に対して有する売掛債権を担保に譲渡担保契約・債務弁済契約を締結することが多々あります。それらの公正証書化並びに債権譲渡登記についても、当方までお気軽にご相談ください。

 

銀座 司法書士相談 行政書士相談